飛行缶 -SORA・TOBU・CAN-

デザインがカッコイイ缶を集め出したのが始まりでした。気づけば部屋中に大量の缶が。エピソードとともに整理しながら発表していきますので、おつきあい頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

センター包囲網を破れ2010 その3

というわけで、今回は正しいダルマさんの使い方。

ご存じの通り、ダルマさんは
禅宗の開祖と言われている「達磨大師」がモデル。
達磨大師の由来や歴史には諸説あるがここでは省くとして、
ダルマさんの由来についてはこうである。

daruma

赤い服を着た達磨大師は、ジッと坐禅を組んだまま
雨の日も風の日も微動だにせず9年もの間修行を続け、
ついに開眼(悟りを開くこと)した。
しかし9年の坐禅で手足が腐ってしまったという伝説から
従来からあった転がしても起き上がる
「起き上がり小法師」という玩具を
達磨に見立てて顔を描くようになり、
それが広まって現在のダルマさんの形になったのである。

ダルマさんにはもともと両眼が書かれておらず、
購入した後に願い事をしながら
自分で左目(向かって右)を書き入れ、
願い事が叶ったら右目を書き入れる。
それが正しい作法である。

となると、前回の「カレー職人」は
既に成就済みの状態。
確かに片目だけのダルマさんは、
パッケージ的にどうかと思われる。

しかし!

きちんとダルマさんの作法に
のっとった商品があった。
それがこれだ。

daruma burger

ヤマザキ 合格祈願だるまバーガー

最初に店で見つけた時、単に丸顔が
ウィンクしてるだけのイラストかと思ったが、
よく見ればダルマさんではないか。
なるほど「カツ=勝つ」は定番中の定番だが
意外となかった商品だ。

そして、全部で3種類あるのだが、
エビカツは売り切れてて、この2種しか手に入らなかった。
どうやらかなり人気商品のようだ。
ちなみにエビカツの包装は白。

この商品は数年前からあるが、
以前のはダルマが両目で笑っていたりした。
今年のは片目が白いままで、本来のダルマさんの
作法にのっとったデザインになっている。
これは素晴らしい。
しかも丸い形を活かした、
シンプルでなかなか可愛いデザインだ。

ぜひとも、合格した受験生には
右目を書き入れて欲しいものだが、
紙製のパッケージは、取り置きしておくには
ちょっとこころもとない。

というわけで、前回の「カレー職人」だ。
あれは厚紙の箱で出来ているのだから、
例えばイラストをもっとダルマさんの全身にして、
ダルマさんの形に切り取れるようになっていて、
飾っておけるようなパッケージにしたらどうだろうか。
そして、合格した暁には眼を書き入れることができる。
小学校や中学校のお受験する子どもには
ウケるんじゃないだろうか。

それとも、そんなお受験するような家庭では
本物の立派なダルマさんを飾るだろうから、
紙パッケージのダルマさんなんてチープなものは
見向きもしないかなぁ。

いや、可愛い感じのイラストにすれば
子どもの心をつかむに違いない。

あるいは、ウィンクしてる女の子のイラストにして
萌え要素を取り入れれば、
大きいお兄さん受験生の心もつかめるかも。

どーでしょ、グリコさん、
このアイディア。



え? まだつづくの?

PageTop

センター包囲網を破れ!2010 その2

さて、前回紹介した受験応援アイテムだが、
そんな激戦区に新規参入する命知らずが今年も出たので
その心意気を買って紹介してみたいものがある。

curry-1

グリコ カレー職人(中辛) 

いやー、まったくひねりもなく
商品名もそのまま!!
勇気あるねー、グリコ。

じゃあ、なにが応援ポイントかというと、
裏面に合格祈願のメッセージがあるらしい。

なるほど、きっと歴史年号や化学式の語呂合わせとか
頻出英単語や漢字の読みなど、レア情報が満載なのだな。


どれどれ~?















curry-2
「手洗いのコツ…」














保健体育じゃねーか!!Σ(゜□゜)











いやいやいやいや、
きっと他の箱にはもっと重要な情報が…。











curry-5
「しょうが湯の作り方…」



















家庭科じゃねーか!!Σ(`□′)
















いや、まぁ確かに体が資本だからね。
大切な時期に風邪を引いちゃいけないしね。
うんうん、わかるよ。

ちなみに他には「気分をリフレッシュさせる間違い探し」とか
「元気が出ることわざ」とか、おばあちゃんの知恵袋的なものばかり。

ま、試験に出る英単語ってわけにもいかないだろうし、
核家族化によって、こうした知恵の伝授も少なくなってきてるし、
文部科学省が押しまくっている「生きる力」の習得には
合ってるのかもね。

curry-3

さて、このブログの本文は「パッケージデザイン」です。
今回は缶が発見できなかったので、
この「カレー職人」に白羽の矢が立ったわけだ。

ポイントはツッコミどころ満載の裏面だけでなく、
表のダルマさんの絵柄。
実はこのパッケージ、ダルマさんが笑ってたり目が燃えてたり、
メガネかけてたり口笛吹いてたりして、なかなか可愛い。

curry-4

この顔パターンと裏面のメッセージのパターンがリンクしてるわけで、
そりゃ、印刷の関係上そうなるわけだが、
それでも、ひとつの商品に6種ものバリエーションがあるのは
応援商品としては珍しいし、気合いと心意気が感じられる。

それにしても、なぜカレーなのか。
ラーメンに続く夜食の定番だからか?
どうせなら「華麗に合格!」とかのキャッチコピーにすれば
カレーの意味が出てくると思うのだが、
すでに他商品のカレー味で使われたネタなのかな。

ちなみに、グリコが同時に出した「DONBURI亭」の
「牛丼」「親子丼」「中華丼」には、だるまさんすら描かれていない。
同じグリコ商品なのにどういうことかという力の入れ具合の差だが、
この不景気では、応援アイテムにかけるコストも限られてるのか。

juken-5

ん?
そういえば、このダルマさん、両目が入ってるではないか!?
本来ダルマってのは、購入時は片目だけが黒く塗られていて、
願いが叶った時にもう片方を自分で塗るのが正しい作法のはず。
これではすでに願いが叶った後の使用済みの状態。
これでいいのか、グリコ!?

つづく

PageTop

センター包囲網を破れ!2010 その1

今年はいい天気に恵まれました、大学入試センター試験日!!
しばらく寒い日が続いて、昨夜も雪がちらついた地域もあったので
ちょっと心配でしたが、今日は先週末の成人の日以来の豪快晴。
これなら鉄道遅延だの交通渋滞だので
すったもんだする受験生は少ないだろう。

去年もセンター試験の日に記事を書いてたけど
去年は受験生応援アイテムとして「ポッカコーヒー」を紹介できた。
まあ、それも古いヤツだったんだが。

去年はこの時期に「サントリー合格エナジー」が発売され、
今年も何かあるんじゃないかと探してみたが、
残念ながら何も見つけられていない。
受験生応援アイテムは着実に増えているというのに…。

juken-2

「コアラは寝てても木から落ちない」ということから、
コアラのいる動物園に合格祈願の客が増えたというニュースもあった。
てことは、このロッテ「コアラのマーチ」もさぞかし売れてることだろう。
受験生は寝てたら落ちるから気をつけようね。

もはや定番になったカルビー「うカール」やネスレ「キットカッツ」、
東ハト「カナエルコーン」、ロッテ「TOPPA」などに加え、
去年紹介した亀田製菓の「勝ちの種」や「揚一番」も今年も健在。
競争激化のこのカテゴリにおいて生き残っているということは、
それなりに人気が定着しているということだろう。

juken-1

最近の傾向としては、これらのヒットに続けとばかりに
まったく名前に縁起が掛かってない商品が続出していることだ。
上の写真のカルビー「かっぱえびせん」、「ポテトチップス」、
「さやえんどう」は「桜塩味」というだけだ。
もしかしたら歯ごたえが「サクサク=咲く咲く」と掛けてるのか?
さらにカルビーの心意気としては、こーゆーニュースをリリースしている。

北海道の大自然に力強く立つ一本のエゾヤマザクラに、
受験合格の願いを込めて『合格の木』と名づけました。
厳しい冬を乗り越え、春に満開の桜を咲かせる『合格の木』を
シンボルとしたキャンペーンを展開し、頑張る受験生を応援します。
期間中、受験生応援サイト『咲かせよう!合格の木』を開設し、
受験生のメッセージを投稿&公開したり、応援デコレーションメールや
待ち受け画像をプレゼントするなど受験生の共感を呼ぶコンテンツを提供します。


…うーむ。
一見、すばらしい取り組みのようだが、
要するに、勝手に命名した木の写真を
メールアドレスと引き替えにプレゼントします

という企画だろう。

ワラにもすがる思いの受験生には
こんなことでも嬉しいことなのかも知れないが、
そのヤマザクラをカルビーが植樹しましたとかなら
本物の取り組みだと思うんだが、いかがだろうか。

juken-4

つづく

PageTop

生ではない生 2

という怒りにも似た驚きとともに、
まず外見から味わうことにする。

形としては小降りの珍しいペットボトルだ。
右下に斜めに入った流線型の凹凸が美しい。
この微妙なサイズのペットボトル、
日本にはない中途半端な大きさだ。

恐らく、飲み残さず一気に飲める量がこれなんだろう。
タイは沖縄以上に暑い国なので、
飲み残して放置するとすぐ腐ってしまい
危険だからではないだろうかと推測。
あるいは日本人のようにペットボトルを持ち歩く習慣がなく、
買ってその場で飲み切るためだろうか。

次に違和感があるのは、飲み口一帯が
密閉包装されてること。
飲み口のキャップの構造は日本のものと同じで、
一度あけるとプラスチック封が切れる仕組みだ。
密閉やイタズラ防止のためで、タイ生茶も同じなのだが、
さらにその上からパッキングしてあるのだ。
これはヨーロッパのペットボトルでも一部見かけた。
ドリンク缶でもヤクルトの口のようなアルミ包装が
上部にしてあったりと、海外の飲料は封が厳重なものが多い。

安全性にうるさいお国柄なのか。
欧米ならそれも分かるが、
ご飯にハエがたかってても、
コップの水にアリが浮いてても
「マイペンライ(気にしない)」
のタイで二重包装とは意外である。

thai-nama-2
さて、次は中身だ。
見た目は明らかにミルクティー。
緑茶の爽やかな透明感など微塵もない。

飲んでみた。

うーん、やっぱり激甘の抹茶ラテだな。
って、ここで冷静にパッケージを見たら
「GREEN LATTE」って書いてあるじゃないか。
ええ~!?
生茶のグリーン・ラテ!?
タイ・オリジナルってこと!?

やっぱり日本以外の国ではお茶をストレートで
飲むという文化はないのだろうか。
例えば午後の紅茶にはストレートがあるが、
本場イギリスなどではどうなんだろうか。
やはりミルクやらレモンやら砂糖やらを入れずにはおれないのだろうか。
そういえば中国ではお茶は甘くないが、
日本の麦茶のようにお茶を冷やして飲む習慣はないらしい。
そう考えると日本のお茶文化のなんと独特で繊細なことよ。
お茶そのものの風味を味わうなんて、これも千利休の功績なのだろうか。

と、タイ生茶ひとつで日本の歴史をしみじみと思いつつ、
素朴で根本的な疑問が湧いた。

これ、生茶って名前じゃないといかんの?

全く別ものを同じ商品名にして売る意味は何なのだろうか。
フルモデルチェンジして先代と似ても似つかなくなった車が
同じ名前で売られるように、ブランド力というやつか。
しかし車の場合、海外輸出用は違う名前にすることがよくあるが
(トヨタヴィッツはヤリス、ホンダフィットはジャズ)、
今回の場合は別モノを同じ名前で売ってるからわけが違う。

タイでもそんなに人気なんですか、生茶パンダ先生??

PageTop

生ではない生 1

今回はこれ。
はい、なんでしょう。
商品名、読めません。

thai-nama-1

これは、タイに旅行に行った友人が
土産として買ってきてくれたもの。
だからタイ語には間違いないだろう。
しかし上の方に「KIRIN」と書いてある。
ロゴの形からして、あのキリンなんだろうが、
はて、なんだろう、この白濁した液体は。
キリンにこんな商品あったろうか。
もしかして、タイお得意のバッタもん?

いったいこれは、何のドリンクなのだろうか?
と訝りつつ、原材料などを見ようとボトルを見回す。

こっ…これは…!

thai-nama-3

な…生茶!?

原料とかはまったく読めないが、
「生茶」の文字は漢字で書かれている。
キリンのロゴも生茶の文字も、日本のものと大差ない。
てことは、これは正真正銘キリンの生茶に間違いないだろう。

しかし。

しかしだ!

この午後の紅茶ロイヤルミルクティーよろしくに
白濁した中身はなんだ!

外国のお茶文化は確かに砂糖とミルクを
これでもかと入れる所が多いことは知っている。

しかし、こいつの商品名は生茶だ。

生のお茶だ。

どこがだー!!

つづく

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。