飛行缶 -SORA・TOBU・CAN-

デザインがカッコイイ缶を集め出したのが始まりでした。気づけば部屋中に大量の缶が。エピソードとともに整理しながら発表していきますので、おつきあい頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

宿命の出会い 4

家に帰ってから、この話を電話で友人にしてみた。
すると、なんともありがたい情報を得ることができた。

その友人がバイトしている店で、チェリオの商品を扱っているというのだ。
これは確かめるしかない!

後日、私は友人の勤めている店に行ってみた。
すると、なんともタイミングのいいことに、
チェリオの制服を着たお兄さんがやってきた。
どうやら商品の搬入の時間に、うまいこと当たったようだ。
店には確かに「宮」も「武」もあった。
だが、この2種類しかないのか、他にも種類があるのかが分からなかった。
私は勇気を出して、チェリオのお兄さんに聞いてみた。

「あのー、これって、何種類あるんですか?」 

「ああ、これ? えーと、4種類だね。」 


なんと、あれだけ凄まじく妄想したのに、たったの4種類とは。
拍子抜けしつつ、新たな疑問が。
あとの2文字はなんだ?
どんな文字が厳選されているのだ?

お兄さんが差し出してくれた4本を見て、謎が解けた。
残りの2本の字は「本」と「蔵」。

moto


もうお分かりだろう。
4本並べると「宮本武蔵」である。

miyamotomusashi

私は腰くだけになりそうな勢いで、全身全霊で納得した。
勘のいい人は「宮」と「武」が出てきた時点で気づかれたかも知れないが、
私はまったく予想していなかった。
むしろ、たくさん種類があるかも知れないという想像と希望が先行して、
そんな歴史上の特定人物の名がデザインされているとは
夢にも思わなかった。

だって、缶ジュースの名前が歴史上の人物名って、あるか?
例えば「聖徳太子」なんて名前のジュースはないだろ、フツー。
まぁ、考えてみれば、この時NHKの大河ドラマで
「宮本武蔵」がやってましたよ、確かに。

しかし、それのタイアップ商品でもなさそうだし、
それらしい表記も一切どこにもない。
つまり、大河ドラマ人気に勝手に乗っかって作った商品だということだ。
だいたい、正式に何て名前の商品なのかも分からない。
「宮本武蔵ジュース」なのか? そんな表記、どこにもないぞ?
それぞれ「宮ジュース」「本ジュース」とか言うのか?
しかも「本」と「蔵」は、夕日をモチーフにしたデザインである。
ということは、「宮」と「武」は、朝日だったのか。なるほどー。

kura

こうして事件は大団円によって幕を閉じた。
このシリーズは、私の缶コレクター人生の中で
最も記憶に残るコレクションとなった。

それにしても、ここまで奇抜な商品を発売するとは、チェリオを少々侮っていたか。
これはチェリオのようなメーカーだからこそ実現した商品ともいえる。
さすがチェリオ。恐るべしチェリオ。

でも、やっぱり怖くて飲めないぞ、
うま味成分入りコーラ(予想)




ブログランキングに参加しています。

↓よろしければ「拍手」かバナーをクリック願います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 コレクションブログへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 デザインブログへ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

かなり感動

しました、コメント遅れました(ちょっと風邪気味)
僕が集めていたのは1990年代初めまでです
だからそれ以降のコラボやタイアップってものすごく
新鮮なのです、以前玖保キリコ缶を紹介しましたが
当時はあれだけでけっこうインパクトあったんです

以前「缶」ブログなどでたどりついた先で「白馬」さまや
「のぼる」さまの書き込みがあった掲示板を拝見しましたが
「デザイン」だったり「缶裏データ」などでそれぞれ
こだわりがあって、こんな空き缶ひとつでも面白いなぁって
楽しんでいます、マイペースですがこれからも面白い缶を
紹介していきましょう!

toru | URL | 2009-01-16(Fri)14:29 [編集]


では

toruさんが集めるのを終えたあたりから
私は集めだした感じですね。
最初に紹介したTERRAが92年ですから。
最近は印刷技術が発達したためか、
手軽にデザインを作ったり変えたりするので
種類は豊富ですが、「これっ!」というのが
あまりないような気がします。
だから、toruさんの古いコレクションは
羨ましいですね。

白馬 | URL | 2009-01-20(Tue)21:37 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。