飛行缶 -SORA・TOBU・CAN-

デザインがカッコイイ缶を集め出したのが始まりでした。気づけば部屋中に大量の缶が。エピソードとともに整理しながら発表していきますので、おつきあい頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

赤い空

このブログは缶の紹介がメインだが、時々は雑談もはさみたいので、

気が向いた時やネタができたときは、こーして書くのである。

ふと、窓の外を見ると、すごい幻想的な世界になっていた。

思わずカメラで撮ったのだが、補正は一切かけていない。

sora2


夕日が真っ赤になることは珍しいことではない。しかし、景色すべてが赤く色づくのは珍しい。

空だけでなく屋根も壁も電柱も建物もみんな真っ赤。こんな日は1年に1度あるかないかだ。

しばし見とれてしまったが、大人になるとついつい色々考えてしまう。

こんなに赤くなったのはなぜだろう?と。

まあ、色について書くことの多いブログだからいいか。

そもそも、夕焼けというのは空気中の不純物が多いことで起こる。

太陽光線が空気中の塵や水分子に当たり、

最も拡散されにくい波長を持った赤の光が拡散してしまうためだ。

と、書いてもよく分からない説明だが、まあ、光の話についてはいずれ詳しく。

つまり、空気が澄んだ日には夕焼けにはならないわけである。

となると今日は空気が濁っているのだろうか。

確かに湿度も高く蒸し暑くて天気も不安定だが、それと関係あるのかは分からない。



こうして赤い空を見ると、思い出すのが小学生だった頃だ。

ある日、いきつけの駄菓子屋から帰ろうと外に出て呆然とした。

こんなもんじゃなく、本当に真っ赤だったのだ。

田んぼも道路も自分の体も、全部が真っ赤に染まっていた。

こども心に世界が滅びるのかと思ったぐらいだった。

ずいぶん後になって知ったが、その頃ハワイで火山があったそうだ。

遠く離れたハワイの火山灰が、日本の空で真っ赤な夕焼けを作ったのか。

その因果関係は定かではないが、自分ではそう思っている。

こうした夕焼けを見ると、いつもその時のことを思い出す。

あの駄菓子屋、今はどうなってんのかなぁ。今度行ってみるか。



↓↓よろしければ「拍手」かバナーをクリック願います。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 コレクションブログへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 デザインブログへ


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。