飛行缶 -SORA・TOBU・CAN-

デザインがカッコイイ缶を集め出したのが始まりでした。気づけば部屋中に大量の缶が。エピソードとともに整理しながら発表していきますので、おつきあい頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

デザイン缶への突入 2

そう、あれはまだ 初々しい 高校生だった頃…。

デザインの勉強をしようと、いわゆる画塾なるものに通っていた私。

各教室には、先輩が描いた上手な作品が「参考作品」として飾られているのだが、

そこで見かけた鉛筆デッサンを見て衝撃が走った。

「激ウマッッッ!!Σ(゜Δ゜)」

缶ジュース2本がアップで描かれていたのだが、表面についた水滴までがリアルに描かれている。

受験生としては、自分もいつかこれぐらい描けなくてはいけないのだが、

それにしてもレベルが違いすぎた。

おかげで強烈なインパクトとともに脳に焼き込まれたのだった。

そのデッサンのモチーフとなっていたのが、これ。
TERRA

TERRA
清涼飲料水 350g
糖類、酸味料、塩化Na、乳酸Ca、塩化K、塩化Mg、アルギニン、
ヒスチジン、リジン、イソロイシン、ロイシン、バリン、ビタミンE、香料
カルピス食品工業株式会社 1991




まったく見覚えない缶ジュースだったが、シンプルなデザインとロゴの形がいい。

「………実物が見てみたい。」

早速探してみると、実物はこれまたウルトラマリンディープで素晴らしい!

濃い青の地に白文字という2色だけのカラーリング。

「うーむ。やるなぁ、カルピス。」




ちなみに味はというと、ぶちっちゃけ「ポカリスウェット」のパクリである。

ポカリが1980年に発売され、3年後にアクエリアスが発売。

その後、バブル経済も後押しして、各メーカーから続々とスポーツドリンクの類が

発売されては消えていった。

このTERRAも間違いなくそのひとつで、数年と経たずして消滅している。

スポーツドリンクも競争の激しい種類だが、このデザインだけは残して欲しかったなぁ。




まめちしき

ウルトラマリンとは、もともとは天然のラピスラズリ(瑠璃)という鉱石を原料とした顔料絵の具。天然ウルトラマリンの原料となるラピスラズリは、ヨーロッパの近くではアフガニスタンでしか産出せず、それが海路で運ばれたため「海を越えて来た青」という意味でウルトラマリンと呼ばれた。日本の群青色に似ているが、原料としては別物。現在市販されているウルトラマリンのほとんどは合成のもので、天然ものよりさらに青みが強い。



↓↓よろしければ「拍手」かバナーをクリック願います。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 コレクションブログへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 デザインブログへ


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。