飛行缶 -SORA・TOBU・CAN-

デザインがカッコイイ缶を集め出したのが始まりでした。気づけば部屋中に大量の缶が。エピソードとともに整理しながら発表していきますので、おつきあい頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

生ではない生 1

今回はこれ。
はい、なんでしょう。
商品名、読めません。

thai-nama-1

これは、タイに旅行に行った友人が
土産として買ってきてくれたもの。
だからタイ語には間違いないだろう。
しかし上の方に「KIRIN」と書いてある。
ロゴの形からして、あのキリンなんだろうが、
はて、なんだろう、この白濁した液体は。
キリンにこんな商品あったろうか。
もしかして、タイお得意のバッタもん?

いったいこれは、何のドリンクなのだろうか?
と訝りつつ、原材料などを見ようとボトルを見回す。

こっ…これは…!

thai-nama-3

な…生茶!?

原料とかはまったく読めないが、
「生茶」の文字は漢字で書かれている。
キリンのロゴも生茶の文字も、日本のものと大差ない。
てことは、これは正真正銘キリンの生茶に間違いないだろう。

しかし。

しかしだ!

この午後の紅茶ロイヤルミルクティーよろしくに
白濁した中身はなんだ!

外国のお茶文化は確かに砂糖とミルクを
これでもかと入れる所が多いことは知っている。

しかし、こいつの商品名は生茶だ。

生のお茶だ。

どこがだー!!

つづく
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

キリン飲料?

私はキリンの生茶はよく口にしますが、
ミルクとか砂糖味だとすると、嗜好に合うかどうか?
しかし、海外での経験として試したいものです。

blograjio | URL | 2010-01-12(Tue)14:20 [編集]


こんにちは

抹茶カフェオレは日本でも売ってるので
味としては珍しくありませんが、
むしろ普通の緑茶として売っていながら
砂糖が入っているアメリカのお茶とかの方が
凶悪かも知れません。
海外へ行かれた暁には、ぜひとも挑戦してください。

白馬 | URL | 2010-01-21(Thu)01:48 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。