飛行缶 -SORA・TOBU・CAN-

デザインがカッコイイ缶を集め出したのが始まりでした。気づけば部屋中に大量の缶が。エピソードとともに整理しながら発表していきますので、おつきあい頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

30 閑話休題 1

さて、とうとう30回まで続いてしまった「パソコンの歴史」。
これでやっと3分の2ぐらいかな。本が1冊できそうだ(笑)。
ほんの軽い気持ちで始めたのに、こんなに続いてしまうとは。
それならいっそ、別のブログ立てろよって感じだが、
まあ、お許しを。

さて、今回は息抜きで、さらにどーでもいい話を。
それはパソコンのネーミングについて。

例えば、携帯電話の名前は
アルファベットと番号になっているものが多い。

「N701」とか「P903」とか「SH906」とか。
NはNEC、PはPanasonic、SHはSHARPの頭文字で、
SH901→SH902→SH903→SH904→SH905という具合に
数字はモデルチェンジのたびに増えていく。
時々、903iとか入るのはマイナーチェンジだろう。

で、パソコン。
富士通の「FM-8」から「FM-7」へのモデルチェンジ。
FM-8&FM-7
ここですでに数字の逆行が起こっている不思議に遭遇。

マツダの「RX-7」と「RX-8」だって、
RX-7&RX-8

ジオン軍の「MS-06ザク」と「MS-07グフ」だって、
ZAKU&GOUF

ちゃんと数字が増えてってるのに、なぜ減るのか!?
一応理由はあるらしいが、実に意表をつく。

富士通は「FM-7」のあと、「FM-77」シリーズを出している。

FM-7&FM-77

同じ8ビット機だが、上位機種は7を2個並べてみたって感じ。
決して77代目というわけではなく、
「Zガンダム」の次が「ZZガンダム」になったようなもんだ。

Z&ZZ

ガンダムも富士通も安易だよな~。

さらに「FM-8」の後継機としては「FM-11」というものを出している。
これも「FM-9」や「FM-10」というものが途中に存在していたわけではなく、
8ビット機と16ビット機の間っぽい機種で、
ちょうど中間は「FM-12」だけど、性能は8ビット寄りだから
「FM-11」にしたっていう、意味深なようで浅~い決め方である。
ちなみに、もっと後に出た16ビット機は「FM-16」。 
そのまんまやんけ~。 富士通センス恐るべし。

FM-11&FM-16

つづく

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。