飛行缶 -SORA・TOBU・CAN-

デザインがカッコイイ缶を集め出したのが始まりでした。気づけば部屋中に大量の缶が。エピソードとともに整理しながら発表していきますので、おつきあい頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

天国にいちばん近い島 2

引き続きニューカレドニアでゲットした缶です。
前回のポッカに続き、今回はその隣に並んでいたネスカフェ。

ネスカフェって、ネスレだから
もともと日本のメーカーではないんだよね。
デザイン的にはポッカより遥かによい。
文字とカラーバリエーションだけのデザインだが、
うまくまとめている。
若干無難すぎる感もあるが、よしとしよう。

nescafe3

NESCAFE
コーヒー 240ml
砂糖、牛乳、インスタントコーヒー、ココア、
大豆レシチン乳化剤、安定剤、香料
ネスレ (2009)


海外の缶コーヒーで違和感があるのはまず大きさ。
日本で主流の190g缶など一本もない。
ニューヨークで見つけた「スターバックス缶」が珍しいぐらいだ。
さすがに330ml缶のコーヒーもなかったが、
190gなど小さすぎるのだろう。

さらに缶がアルミ製ということだ。
日本でもアルミ製の缶コーヒーがないわけではないが、
ほとんどがスチール缶である。
しかも海外のアルミは日本の物より薄く、簡単に凹む。
運搬中に穴が空いたりすることはないのだろうか。

という点から推測すると、缶コーヒーを温める習慣がないだろう。
日本でコーヒーの缶がスチール製なのは、
加温時の膨張による内圧に耐えるためなので、
こんな薄っぺらいアルミ缶を温めたら、危険でしょうがない。

さて、味だが実に甘くて濃厚だ。
そして粘り気がある。 非常にドロリとしている。
そういえばニューカレドニアのコーヒーは粘り気があるらしいが、
輸出もしていないほど稀少性が高いものなので、
缶コーヒーに使ってあるとは思えないけどね。

てゆーか、大豆レシチンてなんだ?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

モカ

缶コーヒーをほとんど飲まないので
モカがものすごく珍しく見えるのですが
どんな味なんでしょ、甘くて濃厚・・・
一寸ニガテかも
それにしてもアルミ缶のコーヒーって初めて見ました
だからかデザインに映えて見えますね
いいもの見させていただきました
ごちそうさまでした!(←今年の流行語?w)

toru | URL | 2009-03-28(Sat)11:54 [編集]


アルミ缶コーヒー

モカ、美味しかったですよ。
チョコレートが入ってるので
ココアのような感じでした。

アルミ缶コーヒーは日本では
UCCだかのブラックコーヒーが
ひとつだけありますよ。
もしかして輸出用…ではないと思います。
確か日本語表記でしたし。

もっと不思議な缶が登場しますから
お楽しみに~。

白馬 | URL | 2009-03-29(Sun)03:08 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。