飛行缶 -SORA・TOBU・CAN-

デザインがカッコイイ缶を集め出したのが始まりでした。気づけば部屋中に大量の缶が。エピソードとともに整理しながら発表していきますので、おつきあい頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

早すぎた時代に散る!

ご無沙汰しておりました。

しばらく忙しかったので、更新できず間が空いてしまいました。

さて、急に涼しくなってきた今日この頃、

今回のネタは以前紹介したカルピス社の第2弾である。


Air



Air[エア] 
清涼飲料水 350g
果糖、香料、酸味料、ローズマリーエキス
カルピス食品工業株式会社 1991




青地に白文字のデザインで、配色はツボだったので買ってみたけど、

[エア]って、わざわざカタカナをふってあるのと、円を描く矢印が

デザイン的にはカッコよくないよなぁ。



これも登場してすぐに姿を消したから、売れなかったのだろうが、

今にして思えば、この缶は現在の時流をすべて体現している。

えー、現在ダイドーの「MiU」というドリンクがあるけども、

多分コンセプトはそれに近いもので、こっちはAirだから空気によるリフレッシュ感?

ローズマリーを使ってるってことは、アロマテラピーを狙ったのか?

だとしたら、先見の明があったといえる。

おまけに波をモチーフにしたデザインも瓜二つ

こっちは15年以上前に手に入れてるので、MiUの発売より遙かに前。



しかし謎なのは、Airという商品名に対して、このデザインだ。

青色と波のデザインは、明らかに海をイメージしている。。

円の矢印も、人間の体液(水分)と地球の水分の循環を表しているものだろう。

なのに「Air」。なぜだー! 

まぁ、いいや。バブリーな時代に深い意味などないだろうし。(←偏見)

海洋深層水が流行った後の今の時代だったら、もうちょっとウケた商品かもなぁ、と。

早すぎた名作、なのかもね。



で、カルピスの第1弾としてこのブログの発端ともいえる「TERRA」を紹介した訳だが、

調べてみて驚愕の事実が判明したので、次回でご報告したい。



↓↓よろしければ「拍手」かバナーをクリック願います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 コレクションブログへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 デザインブログへ


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。