飛行缶 -SORA・TOBU・CAN-

デザインがカッコイイ缶を集め出したのが始まりでした。気づけば部屋中に大量の缶が。エピソードとともに整理しながら発表していきますので、おつきあい頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ショック・オブ・カタカナ

今回でニューカレドニア編も最後。
トリを飾るのは、さすがの私もちょっとびっくりした一品である。


NC Ginter

Ginter
ソフトドリンク チェリーフレーバー 


なんぞ、これ?

最終日にホテル近くの小さなコンビニみたいな店で見つけた。

「な…中身が見えてる缶ジュース!?」

最初はガラス製のワンカッブ酒か何かと思ったが
奇妙な形をしている。

「ガラス…じゃない。」

この形は…見覚えがあるぞ?
ペットボトルの下半分!?
それに缶のフタを付けた!?

ぅわんだほ~!!! 

こんな珍しいもの、当然ゲットしないわけがないんだが、
さらに驚きなのが、堂々とカタカナが書いてあること。
非常~にナチュラルにデザインされていて、何でだ?
もしかしてこれ、日本で作ってるの?
いや、見たことはないし、原料表記やメーカー名は明らかに日本ぽくない。
しかし、ここまで自然にカタカナを使うとは、やるなニューカレドニア。

cherry&lychee

ちなみにこれはライチ味もあって、どちらも美味しかった。
日本でもぜひ作ってほしいが、これを見て真っ先に思ったことは、

「分別どうすんだろ…」

ん~、今の日本では難しいかもね。

ああ、外国に来てまでゴミ分別を考えるなんて、
なんて善良な小市民なんでしょ。

こうして、最後の最後にこんな素晴らしい物に出会えて
ニューカレドニアの旅は締めくくられるのでした。


スポンサーサイト

PageTop

年号の謎

さて、ニューカレドニア編も終わりが近づいてまいりました。
今回もビールですな。

NC Konenbourg
Kronenbourg

これまた前回に続いてめでたい紅白デザイン。
なんだろね、このめでたさは。
やはり南国ってのはそーゆーもんなのかね。

およそビールらしくないとゆーか、
そもそも飲料らしくないデザインが続いている。
これ、平らにして大きく引き伸ばしたら、
そのまま何かのポスターにできそうだもんなぁ。

やれ「のどごし」だの「切れ味」だの
抽象的な売り文句や文字なども一切ない潔さ。
最近の日本の缶デザインは、
ちょっと説明がうるさすぎる傾向があるように思うので、
見習ってほしいものだ。

さて、この缶、中央上方に王家の紋章みたいなマークがある。
なんだろうとよく見ると…、

Kounenbourg2

「1664」と書いてある!?
もしかして前回のビールと同じ!?
と思って見比べる。

Kounenbourg2

確かにBLANCにも似たようなマークがある。
1664とも書いてないし、ちょっとデザイン違うけど、
まあ、同じマークだろう。
しかも、Kounenbourgと書いてあるじゃないか。

なるほど、これはビール会社のマークだったのか。
ずいぶん厳かな社標だな。
まるでどっかの王朝の紋章みたいだ。

以下、とあるHPより抜粋

クローネンブルグが造られているアルザス地方はワイン産地として
非常に有名ですが、フランスのビール醸造の中心地でもあり、
フランスで飲まれるビールの約7割がアルザス地方で造られています。
ブランド名の「1664」はブラッセリーズ・クローネンブルグ社
ビール醸造を始めた1664年に因んで付けられた名前です。
300年以上の歴史と共にフランス国内のビール市場の
40%以上のシェアを持つフランス最大のビールメーカーです。


てことで謎は解けた。
やはり前回の1664てのは1664年ものの酒って意味じゃなく、
会社が1664年創業ってことだったんだな。
しかし、345年前と言ったら日本は江戸時代なんじゃないか?

やっぱりすげ~。 


PageTop

空白という名のビール

前回に続き、これまたニューカレドニアで発見した
素敵なデザインの缶。

NC BLANC

BLANC

何だかめでたいデザインで、一見なんの缶か分からないが、
どうやらピールのようだ。
書体といい、バーンとクラッカーが弾けたような絵柄といい、
おまけに表面には「フルーティー」って書いてあるから、
もしかして缶入りのシャンパンか?とも疑ったが、
裏面にビールらしき表記があったので、間違いないだろう。
シトロンが入ってるようなので、フルーティーとはそのことか?

それにしても、この賑やかさ。
洋菓子のパッケージにでもありそうだ。
ピールの缶でこの色彩は、日本ではあり得ないよなぁ。
何となく磁器を思わせる白さである。
あ、BLANCって白って意味もあるから、それか~。

とにかく1664年をやたら強調してらっしゃるが、
これは何の年号だろうか。
ワインじゃないんだから製造年じゃなかろうし…。
このピールが1664年に初めて作られたのか?
えーと、ざっと345年前…?

345年前!?

そんな伝統的なビールにしては、かなりポップなデザイン。
どーゆーこと?

えー、この謎はおよそ48時間後に解けます。

PageTop

南国候

今日はまさにニューカレドニアの飲み物。

だって「ニューカレドニアのビール」って書いてあんだもん。

NC MANTA

MANTA

いや、それでね、書くことないんだよね、これ。
だって、南国候(そうろう)なんだもん。
マンタだよ、マンタ。
なぜマンタ?って、そりゃ、海にいるからさ、みたいな?

マンタいるんだって、ニューカレドニア。
さすがに見なかったけどねー。
もっと離島まで行って深いところでスキューバしたら
見られるかもしれないらしい。
でも、こうしてデザインに用いるぐらいなんだから、
ニューカレドニアといったらマンタ、ってことなんだろうかね。

何にしても、デザイン的にはとっても良いんだよねー。
マンタのデザインが古代帝国に出てきそうな感じで
単純に「すげーカッコイイ」と思う。
ヒレの部分とか、波になってんだよ?

日本のビール缶のデザインも昨今派手になってきたけど、
文字の使い方といい、このセンスには負ける。
赤と金のカラーリングも秀逸で、
なにやら王侯貴族的な気品すら感じそうだ。

恐るべし、ニューカレドニア。
しかし、このビール、どこが作ってるんだろう。
ニューカレドニアのビールと書いてあっても、
ニューカレドニアで生産しているかはわからない。
フランス語表記で読めない上に、
原材料とかの表記が、どこにも見あたらないのだ。

はっ!

このいい加減さが、地ビールの証拠!?








PageTop

カルト教団

今回の缶は、見た目怪しさ500%。

その名も「カルト」。
真っ黒い缶に赤い文字。
なぜ、このデザインとネーミングなのか。
何を目指してるのだろうか。 
それとも何か必然性があるのだろうか。

いやー、いろいろありそうなんで、あまり深くは突っ込むまい。
ある日突然、消されてしまうのもイヤだし。


NC CULT1

CULT
炭酸飲料 250ml
炭酸水、砂糖、ガラナカフェイン、高麗人参、香料、カラメル


とりあえず原料表示を見る限り、怪しいものは入っていない。
しかし、それとは別に何か書いてある。

なになに…、

「小さい子には飲ませないでください」?

………ますます危険な香りがする。

よくよく見ると、カフェインが320ml/lと書いてある。
これって、1リットル中に320ミリリットル入ってるよって意味でいいのか?
1リットルは1000ミリリットルだから、つまり全体のほぼ3分の1が
カフェインで占められてるってことか?

…それって、多すぎないか?

裏面に「ENERGY ACTIVATOR」と書いてあり、
直訳すると「エネルギー活性剤」である。
高麗人参も入ってることだし、
つまりは「飲んだら元気になるよ」ってことだろう。
オロナミンCみたいなものか?
それにしてもカフェインの量が尋常ではない気がする。
「眠眠打破」みたいなものだろうか。
そりゃー、子どもが飲んだら爆発しちゃうかもな。

先日、眠眠打破を飲んだあとに体がおかしくなって
救急車で運ばれた中学生がいたっけ。
ケロッとして帰ってきたけど、刺激が強すぎたに違いない。

NC cult2

だいたい、この絵はなんだ。 明らかに怪しいではないか。
デザイン全体から漂うカルトっぽさが不気味で仕方がない。
飲んだら色んな意味で元気になるかもね。
さすが、「カルト」というネーミングを冠するだけのことはある。

日本じゃ、絶対発売されないね。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。